【サクッと解説】Googleアナリティクスのアカウント、プロパティ、ビュー

どうも、なかぐです。

WebサイトやECサイトを運営されていれば、Googleアナリティクスを導入している方も多いのでは無いでしょうか。
当ブログもGoogleアナリティクスを導入しています。

Googleアナリティクスには無料とは思えないほど、豊富な機能が用意されています。
機能以外にも管理画面では、普段聞き慣れない用語も多くあります。

私も最近、ふとプロパティとビューの違いってなんだっけとなり、改めて意味を理解し直しました。

今回は、その内容をサクッと記事にしてみようと思います。

前提として、本記事ではユニバーサルアナリティクスを使用しての説明となります。

目次

まずはGoogleアナリティクスの構造を整理してみよう!

引用:Googleアナリティクス公式ヘルプ

こちらがGoogleアナリティクスで階層構造です。

ACCOUNT(アカウント)→PROPERTY(プロパティ)→VIEW(ビュー)の順に構造化されています。

ORGANIZATION(組織)は、別のサービスやユーザーを管理するためのハブとなるものです。
使用しなくてもGoogleアナリティクスは利用できるため、割愛します。

まずはアカウントを理解しよう

まずはアカウントを理解しよう

『組織』を利用せずに、Googleアナリティクスを利用する場合に、最上部にあたる階層です。
Googleアナリティクスを利用するときに、まずはアカウントの登録を行います。

アカウントには、法人であれば『会社名』などを設定することが多いです。

アカウントでできることは、

  • ユーザー管理
  • 権限管理
  • 変更履歴

「このGoogleアナリティクスアカウントには、誰がどのレベル(プロパティ、ビュー)までアクセス権をもっているか。」

「どのユーザーがどのような変更を行ったか。」

管理者として、該当のアカウントに対する管理を行うことがメインの役割です。

プロパティ単位でデータを収集する

プロパティ単位でデータを収集する

プロパティは、アカウントの次の階層として存在します。

プロパティ単位でデータの収集を行います。
トラッキングコード生成がプロパティ単位となっているのはこのためです。
集めたいデータによっては、トラッキングコードの編集も可能です。

またGoogle広告やGoogle Search Consoleとのリンクもプロパティ単位で行います。

収集したデータをビューとして出力する

収集したデータをビューとして出力する

ビューは最下層のにあたる部分です。
プロパティで集めたデータをどの切り口でレポートにするかをビューで調整します。

「社内アクセスを除外して分析をしたい。」

「パソコンのみアクセスを分析をしたい。」

など切り口の設定を行うことができます。

管理はアカウント、データ収集はプロパティ、出力はビュー

ここまでお読みいただきありがとうございます。

まとめると、
『管理はアカウント』、『データ収集はプロパティ』、『出力はビュー』と理解するとわかりやすいかと思います。

インプットの整理に当記事を記載しましたが、 参考になる方がいれば幸いです。

本記事を作成するためにGoogleアナリティクス公式ヘルプを参考にしましたので、リンクを記載しておきます。

またGoogleアナリティクスの設定方法も下記のページで解説していますので、ご興味のある方はぜひ。

ありがとうございました!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる