【2021年12月最新】BASEでGoogleアナリティクスの目標設定を行う

どうも、なかぐです。

BASEでネットショップを運用されている方も非常に増えてきています。
ネットショップを運営していく中で、アクセス状況を確認するためにGoogleアナリティクスを導入されている方も多いのかと思います。

非常に機能の多いGoogleアナリティクスですが、重要の設定に『目標』の設定があります。
今までBASEでは、Googleアナリティクスの目標設定という機能の利用がBASE側の仕様上も問題で利用できませんでした。

しかし、2021年12月(筆者が確認した時点)でBASE側の仕様変更があり、BASEでもGoogleアナリティクスの目標の設定ができるようになったので、今回はそちらを解説していきます。

今回の記事は、BASEでネットショップ運用している。
Googleアナリティクスをすでに導入していることを前提に解説をすすめていきます。

もしまだGoogleアナリティクスを導入されていない方は下記のページを参照ください。

BASEをこれから導入される方はこちらの記事。

目次

Googleアナリティクスの目標設定とは

まずGoogleアナリティクスとは、Googleが無料で提供するアクセス解析ツールです。
ECサイトやブログ運営をしたことがある方なら、Googleアナリティクスをご存じの方も多いと思います。

ECサイトには「商品を購入してほしい」、「情報をユーザーに届けたい」など必ず達成したい目標が存在します。
今回、解説するGoogleアナリティクスの目標を設定することで、目標に対する達成度を計測することが可能となります。

BASEのショッピングカート画面のリニューアル

ECサイトの場合、購入完了ページへのアクセスを目標として設定することが多いです。
それを行うためには、購入完了ページのURL(など)をGoogleアナリティクスの目標に登録する必要があります。

しかしBASEでは、購入完了ページと購入者情報入力・確認ページのURLが同じであるため、購入完了ページのURLを指定することができず、計測ができませんでした。

筆者も2021年7月時点で実際に運用しているサイトで、設定を試みましたが、上記の理由で断念しました。

しかし、2021年12月2日にBASEのショッピングカート画面のリニューアル通知を受けて、BASEの公式ヘルプページを確認すると設定ができるように!!

BASEのショッピングカート画面をリニューアル通知
BASEのショッピングカートリニューアル通知

こちら公式ヘルプのページです↓↓↓

Googleアナリティクスで目標の設定を行う

それでは実際にGoogleアナリティクスの画面を使用して設定を行ってみます。

BASEでGoogleアナリティクスの目標を設定する

Googleアナリティクスを開き、左サイドバーの『管理』をクリック

ビューの『目標』をクリック

『新しい目標』をクリック

BASEでGoogleアナリティクスの目標を設定する

①目標設定では、テンプレート・カスタムを選択しますが、どちらでも問題ございません。
※テンプレートを選択する場合は、ECサイトなら『支払い』が適当かと思います。

BASEでGoogleアナリティクスの目標を設定する

必要に応じて、目標の名前の編集する。
タイプは『到達ページ』にチェックを入れる。

BASEでGoogleアナリティクスの目標を設定する

ここからが重要です!!

まず到達ページでプルダウンを『正規表現』に変更

そして下記のコードを貼り付けてください。

購入完了ページの正規表現

(.*/shops/.*/orders/.*|.*/order/thanks/.*|.*/subscription/subscription_order_headers/finish/.*|.*/lottery/lottery_order_headers/finish/.*|.*/community/order/finish/.*|.*/coin/order/finish/.*)

次に値を設定します。

これは平均注文単価を入力すると良いかと思います。

これで登録でも購入の計測は行われますが、目標到達プロセスの設定でさらに詳しい設定が可能となります。

目標到達プロセスとは、ユーザーが目標に到達するまでにどんなページを見てきたかを計測することができる機能です。こちらの機能を使用することで、購入までのどのページで離脱が起きているかを把握することができます。

まずは目標到達プロセスをオンにします。

今回はカート追加されてから、購入が完了するまでを到達プロセスとして計測します。

カート画面の正規表現

(.*/shops/.*/checkout/bag.*|.*/order/cart/.*)

入力画面(カート&レジ画面)の正規表現

(.*/shops/.*/checkout/edit.*|.*/subscription/subscription_order_headers/index/.*|.*/lottery/lottery_order_headers/index/.*|.*/community/order/index/.*|.*/coin/order/index/.*)

確認画面の正規表現

(.*/shops/.*/checkout/confirm.*|.*/subscription/subscription_order_headers/confirmation/.*|.*/lottery/lottery_order_headers/confirmation/.*|.*/community/order/confirm/.*|.*/coin/order/confirm/.*)


計測のイメージはこちらの画像を参照ください。

目標到達プロセスのイメージ

こちらの画像のように、どれだけのユーザーがカートに商品を追加して、どこで離脱をしているかが把握できます。

設定が正しいか確認をしましょう!

ここまで設定ができたら、あとは正しく計測ができているかの確認作業です。

サイドバーのコンバージョン→目標→概要を開きましょう。
そこで商品購入後に計測が行われていれば、正しく設定がされています。

【補足】BASEでeコマース設定を行えるか

Googleアナリティクスの目標と同様に便利な機能として、eコマース機能がございます。
こちらはECサイトに特化した機能で『目標』より詳細な情報のトラッキングが可能となります。

例)どの商品が購入されたかなど

しかし2021年12月現在、BASEではeコマース機能の使用はできませんでした。
こちらの機能も将来的には追加されることを期待していますので、使用可能となった際には解説します。

ECサイトの問題点を発見しよう

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

Webサイトでは、ユーザーの行動を解析して、問題点を発見することが非常に重要です。

そのため、使えるツールは積極的に使用して、問題点に気がつける仕組みを構築しましょう!

BASEに関する記事を他にも書いています。
2022年1月にBASEの特商法ページの連絡先と所在地が非表示にできるようになりました。
ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる