【初期導入推奨】GAのGoogle広告、Search Consoleとのリンク

はじめまして、なかぐです。

サイト運営をしていれば、Googleアナリティクスを導入している人は多いのかと思います。
またGoogleには他にもGoogle広告やSearch Consoleなど様々なサービスが存在します。

GoogleアナリティクスではGoogle広告やSearch Consoleとの連携を行い、さらに詳しい情報の取得が可能となります。
それを行うことで得られるメリットは以下です。

  • Google広告のデータを連携できる
  • Google広告のユーザー情報を取得できる
  • Search Consoleから検索関連の情報を取得できる

今回は、それらの連携方法を解説したいと思います。

もしまだGoogleアナリティクスを導入されていない場合は、下記の記事を参考してみてください。

前提としてGoogleアナリティクスとGoogle広告やSearch Consoleの連携を行う場合に、各種権限が必要となります。
下記がすでに付与されている状態で対応を進めてください。
・Googleアナリティクスの編集権限
・Google広告の管理者権限
・Search Consoleの管理者権限

目次

Google広告とのリンク

では早速、GoogleアナリティクスとGoogle広告のリンクの方法からみていきましょう。

Google広告とのリンク

管理→プロパティのGoogle広告とのリンクをクリック

Google広告とのリンク

新しいリンクグループをクリック

Google広告とのリンク

連携する広告アカウントを選択して続行をクリック

Google広告とのリンク

リンクグループに任意の名前を設定する。
Google広告のデータの連携を行うビューを選択する。

Google広告との連携は、プロパティで行いますがデータの連携は、ビュー単位での設定となります。
大規模なサイトなどで、Googleアナリティクスの閲覧権限をもつユーザーが多数いて、Google広告のデータ(広告費など)を知られたくない場合は、ビューで任意のユーザーだけを選択することで、閲覧を制限できます。

これで設定は完了です。

サイドバーの集客→Google広告にデータが蓄積されていきます。

広告向け機能の有効化(ユーザー属性、インタレストの情報の取得)

Google広告では、広告ネットワークからユーザーの属性や興味関心を類推する仕組みがあります。
それを活用して、広告配信の最適化を行います。

この情報もGoogleアナリティクスへリンクすることができます。

設定方法は下記です。

管理→プロパティのプロパティ管理をクリック

広告向け機能の有効化(ユーザー属性、インタレストの情報の取得)

広告向け機能の有効化をオンにして保存

ユーザー属性の確認レポート
Googleアナリティクス デモアカウントのデータを元に引用

ユーザーのユーザー属性で類推されたユーザー属性が確認できます。

ユーザー属性で確認できるユーザー数=全体のユーザー数ではないので注意ください。
ユーザー属性で表示されるユーザー数は、全体のユーザーのうち、類推が可能なユーザーのみとなります。
例)全体のユーザー50000人だが、類推が可能だったユーザーが30401人
※類推が可能だったユーザーがユーザー属性に反映

インタレストの確認レポート
Googleアナリティクス デモアカウントのデータを元に引用

ユーザーのインタレストで類推された趣味嗜好が確認できます。

Search Consoleとのリンク

では次にSearch Consoleのリンクを確認していきましょう。

Search Consoleとのリンク

管理→プロパティのプロパティ管理をクリック

Search Consoleとのリンク

Search Consoleを調整をクリック

リンクがなければ、『なし』と表示されているので、追加をクリック

Search Consoleの画面へ遷移するので、該当のアカウントを選択する

連携させるGoogleアナリティクスアカウントを選択して、続行をクリック

表示された内容に問題がないことを確認して、関連付けるをクリック

これで設定が完了です。
Search Consoleの設定の画面で該当のアカウントと連携されていることを確認できます。

Googleアナリティクス デモアカウントのデータを元に引用

レポートの確認場所は集客のSearch Consoleにデータが蓄積されていきます。

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。

Google広告、Search Consoleとの連携で運営上、非常に重要なデータが取得できます。
ただし、リンク以前のデータの取得はできませんので、その点には注意して、興味のある場合は、早めの設定を行うと良いでしょう。

他にもGoogleアナリティクスの設定すべき内容を解説しておりますのでぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる