【Googleアナリティクス】コンテンツグループを設定する

はじめまして、なかぐです。

Googleアナリティクスで、各ページのPV数やユーザーの直帰率、離脱率を調べることができます。
WebメディアやECサイトを運営していれば、そういった情報を知りたいと思うことも多いのではないでしょうか。

『行動』→『サイトコンテンツ』にて各ページの状況を調べることができます。

【Googleアナリティクス】コンテンツグループを設定する

単体のページの数値を知りたいのであれば、このレポートで十分です。

しかし、サイトのページ数が増えてきたときは、ページをグルーピングして大枠の数値を把握したいという需要もあるかと思います。

今回は、Googleアナリティクスのコンテンツグループという機能を使用して、ページをグルーピングしてレポート出力を行う方法を解説します。

コンテンツグループを使用することで、このようにグルーピングをしてレポートを確認することができます。

【Googleアナリティクス】コンテンツグループを設定する
目次

コンテンツグループとは?

Googleアナリティクスと搭載されている機能で、私たちの目的に合わせてページをグルーピングできる機能です。

コンテンツ グループについて

コンテンツ グループでは、サイトやアプリのコンテンツをお客様の目的に合せた論理構造に分類した後、グループ名ごとに集計した指標を表示して比較でき、さらに掘り下げて個々の URL、ページのタイトル、スクリーン名を確認することもできます。たとえば、「男性/シャツ」というグループに含まれる全ページの合計ページビューを表示し、さらに細かく URL やページのタイトルを調べることもできます。

Googleアナリティクスヘルプより

この機能を使用することで、ニーズに応じてページをグループピングして、レポートを確認できるため、ページ数の多いサイトでは導入することでより効率的な解析を行うことができます。

コンテンツグループの設定方法

それでは早速、方法を解説していきます。

コンテンツグループの設定方法

サイドバー→管理→ビューの『コンテンツグループ』をクリック

コンテンツグループの設定方法

大枠のグループに対して、任意の名前を設定する。

グループ化の方法は3つあります。

  1. トラッキングコード別にグループ化
  2. 抽出を使用するグループ
  3. ルールの定義を使用するグループ

今回は、グループ化のやり方が容易な『ルールの定義を使用するグループ』で解説します。

コンテンツグループの設定方法

グループに対して、任意の名前をつけます。

ルールの定義で、『何をグループ化するか』を指定します。
※OR、ANDでルールの定義を追加することも可能

さらにルールの定義を詳しく解説します。

コンテンツグループの設定方法

ルールの定義
まずは、ページ、ページタイトル、スクリーン名のいずれかを選択します
※スクリーンはアプリ内でユーザーに表示されるコンテンツを指し、ウェブサイトでいうページに当たります。

よく使う項目としてはページがベターかと思います。

コンテンツグループの設定方法

ルールの定義
どのように条件を一致させるかを選択します。

条件分岐、や含むなど様々な選択肢があります。

含むを使用して条件を定義することが最も簡単かと思われます。
ただし、複数の条件をつなげてグルーピングしたい場合には、ORやANDで条件を組み合わせて行く必要があります。

それ以外の方法としては、正規表現を利用することも可能です。

こちらは一つの条件の中で、複数の分岐やより細かい条件の設定ができます。
条件分岐はとっつきにくいですが、使えると便利です。
下記の記事で解説をしていますので参考にしてみてください。

コンテンツグループの設定方法

最後に希望のグループが作成されていることを確認して、保存をクリックします。

これでコンテンツグループの作成は完了しました。

過去のアクセスに対して、設定したコンテンツグループが反映される

コンテンツグループを活用したレポート

では実際のレポートを確認していきましょう。

コンテンツグループを活用したレポート

サイドバー→行動→サイトコンテンツで確認できます。
実際の画面を見てみます。

コンテンツグループにて作成をしたグループを選択すると、それに応じたデータが確認できます。

ページではわからないグループごとの傾向がみえてきます。

コンテンツグループを活用したレポート

またナビゲーションサマリーを使うと、指定したページグループの前後になにがどの程度きたかを調べることもできます。

上部のナビゲーションサマリーをクリックして、タブを切り替える。
ページをグループ化でグループを選択、選択範囲で軸にしたいグループを選択すると、レポートが確認できます。

こちらでは前後のページグループがどうであるかを確認できます。

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。

Googleアナリティクスでは既存の機能だけでも十分、新たな気付きを得ることもできます。
しかし少し手を加えて上げるとさらに理解しやすいレポートを確認することができますので、設定されることを推奨します。

他にもGoogleアナリティクスの設定方法を解説しておりますのでぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる