正規表現を理解してGoogleアナリティクスを使いこなそう!

はじめまして、なかぐです。
Googleアナリティクスを使用していると、正規表現で条件を指定する場面も多くあります。

今回はGoogleアナリティクスでよく使用する正規表現をまとめてみました。

基本的なところをまとめておりますので、参考にしてもられるとうれしいです。

目次

そもそも正規表現とは?

通常の文字(a~zなど)とメタ文字を組み合わせて対象の文字列から一定のパターンに該当する文字列をマッチさせるものです。

メタ文字とは?
コンピュータプログラムに与える文字列データの中で、特別な意味や役割を持つ文字のこと。

Googleアナリティクスでよく使う正規表現

フィルタなどで使用することが多い正規表現を解説していきます。

正規表現の解説で、Googleアナリティクス画面の写真が掲載されています。
こちらは、Googleアナリティクスで用意されているデモアカウント(Google Merchandise Store)を利用しています。

エスケープ文字

¥、\エンマーク
バックスラッシュ
エスケープ文字
次の文字はメタ文字ではないことを示す。

URLにクエリパラメータがついたページだけを抽出したい。

エスケープ文字を仕様してクエリパラメータのついたページを抽出する

「次の文字で始める」の正規表現

^ハット次の文字で始まるを示す。

①service/thanks.html
②product/service//thanks.html

①のみを目標として登録したい。

ハットを使用して、抽出ページの対象をフィルタする

「前の文字で終わる」の正規表現

$ドルマーク前の文字で終わるを示す。

①/thanks.html
②/thanks.html?id=111

①のみを目標として設定したい。

$を使用してい抽出するページをフィルタする

「任意の一文字」の正規表現

.ドット任意の一文字を示す。

3文字のメディアのみをフィルタで抽出したい。

ドットを使用してい抽出するページをフィルタする

「直前の文字が無いか、一回ある」の正規表現

?クエスチョンマーク直前の文字がまったくないか、一回あるを示す。

①/shop/detail.html
②/shops/detail.html

①と②のどちらも対象として抽出したい。

?を使用してい抽出するページをフィルタする

「直前の文字が0回以上の繰り返し」の正規表現

*アスタリスク直前の文字の0回以上の繰り返しを示す。

パスだと分かりづらいので、単語で説明します。

アスタリスクを使用してい抽出するページをフィルタする

「直前の文字が1回以上の繰り返し」の正規表現

+プラスマーク直前の文字の1回以上の繰り返しを示す。
+を使用してい抽出するページをフィルタする

「任意の数字一文字」の正規表現

[0-9]任意の数字一文字を示す。

自社のIPアドレスが「123.123.123.010」から「123.123.123.019」までを除外したい。

任意の数字を指定して抽出するページをフィルタする

「任意のアルファベット一文字」の正規表現

[a-z]任意のアルファベット一文字を示す。

キャンペーン名が「cpc_a_2021」、「cpc_aa_2021」、「cpc_b」に一致するものだけをフィルタで絞り込みたい。

任意の数字を指定して抽出するページをフィルタする

「複数のアイテムのいずれ(or)」の正規表現

|パルプor表現、複数のアイテムのいずれかを示す。

メディアにてcpcとcpmだけをフィルタで絞り込みたい。

パルプでor条件を規定する

「グループ化」の正規表現

()カッコグループ化を示す。

すべてのページのうち、/items、/categoriesのみをフィルタして絞り込みたい。

カッコをつかってグルーピングする

正規表現を覚えて、検索作業の効率化を目指そう!

ここまでお読みいただきありがとうございます。

よく使われる正規表現を紹介しつつ、実際の検索事例を紹介してみました。

正規表現を覚えると、検索の効率化にも繋がりますので、徐々になれていきましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる