【経験談】未経験からインハウス広告運用者になった方法

【経験談】未経験からインハウス広告運用へなった方法

はじめまして、なかぐです。

現在、私は事業会社でインハウスの広告運用者としてWeb広告に携わっています。
※2022年にマーケ会社へ転職予定

ここ最近は、ようやく運用にも慣れてきて、少しずつ成果もでるようになってきました。
ただ1年前までは全く広告運用の経験もない状態でした。

そんな私がどのようにインハウスの広告運用者となったのかをこの記事では解説してみようと思います。

「未経験だがWebマーケに興味がある」

「会社で広告運用を実践してみたい」

こんな方の参考になればうれしいです。

目次

当時の私のスキル感

当時の私のスキル感

次に当時の私のスキルはこんな感じでした。

  1. 広告運用の実務経験はなし
  2. 副業でWeb制作
  3. 会社では営業を7年経験

副業でクライアントワークを行う中で、売上に直結するスキルをつけたいと感じたのが、広告運用に興味を持った理由です。

しかしスキルをつけたいと思いながら、長期的に実践する場所が作りにくいのが広告運用の難しいところ。

そう考えていたところ、会社で実践できればいいのでは?と。
オフラインの施策はコロナで実施できずで困っていたし、当時もっていたWeb広告に関する知識だけでも割と業態的にもあっているのではないかと考えていました。

考えていても無駄なので、一旦、社内で提案を行ってみることにしました。

Web広告を導入前の会社

上のパートで「割と業態的にもあっているのではないか」と会社について少し触れましたので、特定はできない程度に会社の状況を説明です。

ToB商材で既存顧客をベースとしたビジネス。業者の切り替えにかかるコストは大きくなく、発注側は容易に業者の切り替えを行うことができる。会社の業界での知名度は中程度。過去にWeb広告を代理店に依頼したこともあるが、成果はでずにすぐに辞めてしまい、現在はオフラインでの営業施策がメインである。直近5年はWebを活用しての集客施策はできていない。営業施策で既存顧客を中心に顧客の基盤ができているが、ここ数年は業界の成長も鈍化しており、新たな顧客との接点の場所を模索している。

状況を整理すると以下のような問題点がありました。

  • 営業に依存した集客体制
  • オフライン施策をほぼ行ったことがない
  • コロナで売上が減少

勤めていた会社は中小・零細規模の会社ですが、コロナで似たような状況に陥った企業様も多いのでは無いかと考えています。

Web広告を活用して、集客を行うことで今までの営業に依存した体制を打破できることと、新しいフィールド(オンライン)の顧客と接点を持てる可能性があると考え、提案するに至りました。

会社でインハウス運用を行うためにやったこと

では、実際に会社でインハウスの運用者となるためにやったことは3つあります。

  • 動画学習
  • 広告出稿を実践
  • Web広告導入のプレゼン

ひとつづつ解説していきます。

最低限の知識をつけるために動画で学習

最低限の知識をつけるために動画で学習

興味は持っていたのですが、会社に提案できるだけの知識は持ち合わせていなかったのが正直なスキル感でした。
なので、まずは最低限の知識をつけるために、Udemyの講座を購入して学習を行いました。

実際に購入した講座はこちら

2021年度 Google Ads(グーグル広告)基礎・概論編 最新・保存版

2021年度 Google Ads(グーグル広告)設定&運用ガイド 最新・保存版

学習の推奨環境としては、動画を流しつつ、横で管理画面を開き、実際に操作してみるのが一番良いかと思います。
動画を見ていても、正直さっぱり意味がわかりませんし、手を動かさないとなかなか知識として蓄積されていなかいので!

まずは媒体の特徴について理解を深めることが重要です。

学習でGoogle広告のアカウントを作り、管理画面を触る際には、必ず、キャンペーンはオフにした状態で進めてください。オンのままだと、Google広告側の審査が完了した時点で予算に応じて広告出稿が開始されます。

実際に広告出稿をしてみる

実際に広告出稿をしてみる

ある程度、管理画面の仕様が理解できたら、実際に広告を出稿してみました。

まずは自分でアカウントを作り、妻のハンドメイド販売サイトの広告を5000円程度、試しに出稿してみました。

その後、親戚が会社を経営していたので、費用は実費で1ヶ月程度運用させてほしいと頼み、了承をもらいました!
5万円ぐらいを1ヶ月で運用させていただきました。

で、実際に操作をしてみると、わかったつもりでも理解できていない部分や、
どのように考えて、アカウントを作っていけばいいのか、など不明点が吹き出してきました。。。

都度、公式のヘルプページ、公式の問い合わせや、ググりつつブログの情報、知人に質問をしたりして、どうにか進めていきました。

公式ヘルプページ
Google広告ヘルプ
Yahoo!広告ヘルプ

実際に出稿してみることで理解が深まるので、実費でも出稿をしてみることをおすすめします。

会社でプレゼンを行う

会社でプレゼンを行う

さて、ここまで学習を重ねてきましたが、自分で運用を行ってからは、会社に提案する準備もすすめていました。

会社に提案する上で、意識したことは3つあります。

  • 上層部の悩みを考える
  • それに対する解決策として提案する
  • リスクをしっかり説明する

まずは会社の上層部が持つ悩みとして、「売上を上げたい」「新規獲得で売上の減少を少なくしたい」と考えていると想定しました。

そのうえで本導入ではなく、3ヶ月の試用期間を行い、成績が良ければ、継続をしてみないかという提案を行いました。

提案ではIT知識が少ない人でもわかるように説明することを意識しており、そちらは別途記事にまとめています。

試用期間もあり社内での決済はいただくことができ、インハウス広告運用の担当となることができました。

まず行動が大切

一事例ですが、いかがだったでしょうか。

当時のことや、プレゼン資料を見返しているとよくこれで提案をしたな。と思えるクオリティでした。
ただそれでも行動をしてよかったと感じています。

上層部からも了解をいただけたのですが、内容というよりは会社に対して前向きな提案を行っていることが評価されたようにも感じます。

なにかスキルを付けたいと思うときに、ただやみくもに学習するのではなく、ゴールを決めて行動していけると良きですね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる